熊本の家庭的保育室はぐくみ
  • 家庭的保育園はぐくみ スライダー画像1
  • 家庭的保育室|はぐくみ|メイン画像2

はぐくみの保育

はぐくみの家庭的保育事業は児童福祉法に基づき自治体が実施する公的な保育です。
はぐくみ家庭的保育室は熊本市からの認可を受け運営しており、入園の措置及び保育料はすべて認可保育園同様に熊本市が決定します。

はぐくみの保育タイトル


“はぐくみ“では、のびのびと遊び、笑い、泣き、悔しがり、
そして沢山の喜びを経験しながら元気で豊かな感性を育むために、
安心した環境と見守りの中で子どもの発達に沿った保育を行います。

家庭的保育の特長へ
家庭的保育の特長
のイメージ

家庭的保育は、0、1、2才の子どもを一緒に保育します。年齢が異なる子ども達を一緒に保育することで兄弟のような関係で育ちます。
また、いつも同じ担当の先生が対応するので子どもたちも安心でき、母親との送迎時の情報交換も密に行えます。

のイメージ

クラス、5名まで家庭的保育は保育士が担当する子どもの数が少ないので、ひとりひとりの毎日の体調や、成長の状況、興味や関心など対応し、子どもたちの生活リズムを尊重しながら保育を行います。

のイメージ

家庭的保育では保育室だけでなく公園や介護施設などへ遊びに出かけ、地域の方々と交流します。地域の方たちに見守られながら育ちます。
また、公園で出会う親子の相談にのるなど、家庭的保育者は地域の子育て支援にも一役買っています。

3つのはぐくみ

  • 食事は手造りでお米は山都町(旧矢部)で20年前から合鴨農法をはじめ、2001年から現在まで15年間、有機JASの認定を受けています。
    合鴨農法で育てた無農薬有機栽培米のヒノヒカリ使用し、安全・安心の食事を提供します。


  • 先生たちが作った、手作りのおもちゃで遊びます。 手作りのおもちゃは指先を使って遊ぶように工夫しています。
    幼児(2才~3才)は指先を使って遊ぶことで、手先が器用になるだけでなく、脳が刺激され感覚機能の育みをよくします。


  • 保育室の役割としてのお子さま自身が保育室に行きたいと思うことが一番大切だと考えています。少人数保育でしかできない、一人ひとりの自主性を尊重し子どもたちがイキイキと楽しく生活できるような保育を行っていきます。

園の一日ライン上

開所時間

7時30分~18時30分まで

通常保育時間

8時30分~16時30分

延長保育時間

開始前:   7時30分~8時30分
終了後:16時30分~18時30分

 

休み:日曜・祝日(国民の祝日に関する法律に規定する日
年末年始(12月29日~1月3日)

園の一日ライン下

家庭的保育室はぐくみ こころ:熊本市中央区帯山4-24-23
家庭的保育室はぐくみ めばえ:熊本市中央区帯山4-27-14

TEL:096-384-8181 (代表)/ FAX:096-237-7760

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP